「桐のタンスに着物」は日本の文化?

シースルーの超過激な衣装で飛行場に舞い降りたレディー・ガガのファッションには、誰もがビックリ仰天しましたよね。

マスコミは異口同音に「レディー・ガガだから許されるファッション」と批評していましたが、その、レディー・ガガの着物ファッションも、実に個性的で、サラリとガウン風に着流した姿(帯はナシ)はカッコイイ。

日本文化としては、桐のタンスに着物は定番中の定番だったはずなのに・・・最近は、街で着物姿を見かけることはメッキリと少なくなりました。

確かに、突然の豪雨、とんでもない猛暑・・・これでは、優雅に着物姿でのお出かけも考えてしまいます。
それより何より、着物をひとりで着ることができる人口の減少が問題です。

結婚式や成人式の振り袖は、プロに着付けをして貰っている人がほとんどではないでしょうか?

そのようなことを考えると、高価な振り袖を購入するより振り袖レンタルを利用して、成人式や結婚式の度にデザインの変化を愉しんだ方がいいかもしれませんね。

着物レンタルサイトを紹介している■結婚式に着たい振袖レンタルナビ|結婚式振袖レンタル.com>こちらのウェブサイト■を参考にすると、それぞれに使い勝手のよい着物レンタル店を選ぶことができるようです。

無添加と“完全”無添加の違いって?

敏感肌や乾燥肌、アトピーなどアレルギーをお持ちの方は、化粧品にも神経を使います。完全無添加の化粧品をお探しでしたら「無添加化粧品の参考サイト>>こちらのウェブサイト」におすすめのこだわり完全無添加化粧品をランキングしています。

ちなみに無添加化粧品と“完全”無添加化粧品は何が違うかお分かりでしょうか?
「無添加化粧品」とは、アレルギーや発がん性が起こる可能性のある成分、接触刺激、皮膚毒素などお肌のトラブルを起こすおそれがある合計102の成分が含まれていない化粧品です。この102の成分の中にフェノキシエタノール(防腐剤)や石油系保存料は入っていません。よってこれらの成分が含まれていても「無添加」と表示していいのです。

「完全無添加化粧品」は、先ほどの102の成分に、石油系成分、香料や着色料、さらにエタノールが入っていない化粧品のことを指します。「無添加化粧品」よりも厳密な製造チェックを受け、すべて天然成分であることが求められています。
ランキングされている商品は、どれもカンゾウ草やツボクサなどの植物、ローズマリーやカミツレ(カモミール)などのハーブ、ミツロウやゼオライトなどの天然物のみで製造されているので、化学製品に敏感な方でも安心して使用できます。

コンテンツは「ナチュラルとオーガニックの違い」「肌年齢に合った化粧品選び」など、特にトラブル肌でなくても読んでおいた方がお得な情報ですので、合わせてご覧下さい。